サラリーマン投資家 目指せ不労所得での生活!

28歳のサラリーマン投資家が最終的には1000万円の不労所得を目指し日々勉強を重ねていきます!

【東京メトロ上場】上場時の株価と株主優待を予想してみる!

 

時々話題に上がっている東京メトロの上場ですが、まだまだはっきりした情報は出てきていません。そこで勝手ではありますが、上場したらどうなるか予想してみます。

 

 

【現在の状況】

財務省が東京メトロの株式を上場させようと動いています。その理由としては、売却益を東日本大震災の復興財源に充てることが決まっており、2022年度という法律上の「期限」が迫っているからだと考えられます。

 

現在、東京メトロの株は53.4%を国が、46.6%を都が保有しています。そのため、上場実現には都との協議が欠かせません。

 

しかし、東京都は一貫して上場に慎重な姿勢を崩していません。また、復興財源確保法が当てはまるのは政府保有分のみで、都の保有分についての規定はないため、東京都側からすると上場する必要性がない状態です。

 

そこで政府保有分だけ放出する考え方もありますが、財務省からすれば、東京メトロへの都の影響力が一方的に強まる手法は取りにくく、平行線を辿っている状況です。

 

このように宙に浮く東京メトロ上場ですが、上場した場合のことを少し考えていきたいと思います。

 

 

【東京メトロの事業】

東京メトロの事業ですが、主力は当然鉄道運輸業です。しかし、それ以外にも事業を行なっていますので、営業収益のセグメントで見ていきます。

事業内容

セグメントの割合

運輸

88.5%

不動産

3.0%

流通・広告

8.4%

その他

0.1%

 

やはり、主力は鉄道の運輸業ですが、それだけでなく駅ビル等の不動産賃貸業、駅周辺の商業施設の運営・車内広告等の流通・広告業も行なっています。

 

 

【東京メトロの投資指標】

平成30年3月期の決算で見てみますと、下記のような数値となります。

経営・投資指標

金額

営業収益(売上)

4,258億円

経常利益

877億円

当期純利益

603億円

1株当たり純資産

1,092円

1株当たり純利益

103.9円

1株当たり配当額

26円

配当性向

25.0%

 

ちなみに、平成31年3月期の中間決算では、営業収益が微増、純利益は微減といった感じになっています。

 

 

【予想上場株価は?】

勝手にではありますが、上場時の株価を予想してみたいと思います。私鉄大手の投資指標から逆算してみたいと思います。

 

まずは参考指標は以下の通りです。

PBR:1.5倍

PER:15倍

配当利回り:2.0%

 

上場時の株価なので、若干割安に見積もってみました。ここから逆算します。

①PBR:1.5倍の時

1株当たり純資産が1,092円ですので、

1,092×1.5=1,638円と予想されます。

 

②PER:15倍の時

1株当たり純利益が103.9円ですので、

103.9×15=1,559円と予想されます。

 

③配当利回り:2.0%の時

1株当たり配当額が26円ですので、

26÷2.0%=1,300円と予想されます。

 

以上のように株価を予想してみましたが、配当利回り2.0%は鉄道大手各社の平均と比べやや高いと思いますので、①と②の間である1,600円くらいが妥当ではないかと考えます。

 

しかし、割安に見積もっていることと、都内の鉄道ということから安定性が高いので、人気が出る可能性が高いです。そのためもし仮に1,600円で上場されれば、公募価格を上回る可能性が高いと考えます。また、公募価格自体が1,600円を上回る可能性も十分にあるでしょう。あくまでも参考程度に見ていただければ幸いです。

 

 

【株主優待について】

鉄道大手各社は株主優待で乗車券を導入しています。そのため東京メトロも上場された際には、似たような株主優待が導入される可能性が高いです。

 

東京メトロの場合、東京メトロ24時間券や東京メトロ・都営地下鉄共通一日乗車券が貰えたりすると面白いですね。東京メトロ24時間券は600円、東京メトロ・都営地下鉄共通一日乗車券は900円で販売されていますので、金額的にはありえるかもしれません。株主優待が正式に発表されると、上場時の公募価格の上昇要因になるでしょう。

 

 

【まとめ】

ここまで、個人的な予想をしてきましたが、上場期限が2022年度となっていて、かつ主幹事証券会社の選定や上場審査といった準備に1年程度はかかると言われています。そのため、遅くともオリンピック終了後すぐには正式な情報が出てくるのではないかと思います。また、それより早い可能性も十分あり得ると考えています。

 

私のような個人投資家にできることは上場した際にIPOに参加できるよう資金を用意しておくことくらいですので、準備をしながら最新の情報を待ちたいと思います。

 

 

↓ランキングの応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 副業投資家へ
にほんブログ村


サラリーマン投資家ランキング