サラリーマン投資家 目指せ不労所得での生活!

28歳のサラリーマン投資家が最終的には1000万円の不労所得を目指し日々勉強を重ねていきます!

【積立FXで複利運用】2年間毎日積み立てた実績を公開!

 

私は2017年8月から積立FXによる資産運用を始めました。ちょうど先月で丸2年が経過しましたので、ここらへんで一度振り返ってみたいと思い、記事にしてみました。

 

私が積立を行なっている通貨は南アフリカランドです。実際に2年間毎日積立を続けてきた結果をお伝えできればと思いますので、興味のある方はぜひご覧ください!

 

 

【積立FXとは?】

積立FXとは「SBIFXトレード」や「SBI証券」で利用できるサービスで、FX取引の仕組みを利用して、FXに積立投資を掛け合わせたものです。

積立FXの詳細についてはこちら

 

積立FXを活用することで、定期的に(毎月、毎週、毎日から選択)通貨を購入することができます。私は毎日積立を行なっていますが、これにより日々もらったスワップポイント収入を自動的に再投資できることが大きな特徴です。

 

この特徴により、理論上は毎日複利効果の恩恵を受けて資産や収入が増えていきます。現在の私は毎日の積立によって、大体1週間で2〜3円ずつ1日当たりでもらえるスワップポイントが増えていってます(※スワップポイント変動の影響を除く)。

 

 

【始めた経緯】

私が積立FXを始めようと思った理由は大きく以下の3点です。

 

①分散投資の一環として外貨資産を持ちたかった

②長期運用として低リスクでFXをやりたかった

③知識も無く、時間もかけたくなかった

 

実際やってみてどうだったかというと、①は通貨を購入するだけですのでクリアです。

 

②に関しては、積立FXではレバレッジが最大3倍までとなっていますので、リスクは抑えられています。また、毎日積立を行いますのでドルコスト平均法の効果からリスク低減も図られています。

 

そして③についてですが、リスクヘッジが抑えられていることと、基本的に毎日自動的に購入が行われますので、知識も時間も無くても大丈夫でした。

 

結果として、上記の目的は達成できていると思っています。後は資産が育つのを待つだけです!

 

 

【当初の設定額】

積立FXを始めた当初の設定は以下のようにしました。

積立通貨

南アフリカランド

積立頻度

毎日

月当たりの積立金額

25,000円

レバレッジ

2倍

月当たりの購入金額

50,000円分

 

この設定ですと、本来毎月25,000円入金しなければなりません。しかし、複利運用を狙うということを踏まえ、この25,000円をスワップポイントで稼いでしまおうと考えました。

 

具体的にどうしたかと言うと、積立FXを始めた際にまとめて入金を行い、高金利通貨を購入しました。その後は購入した高金利通貨から得られるスワップポイントで毎日の積立額を賄っていきました。

 

実際に当時購入した通貨は以下の通りです。

入金額

120万円

購入通貨

 

1.トルコリラ

60,000通貨

2.メキシコペソ

300,000通貨

1日当たり獲得スワップポイント

800〜850円

月間獲得スワップポイント

約25,000円

 

この仕組みを作った後は、もう基本的に放置です。入金も必要ありませんし、勝手に積立が行われていくのを見ているだけです。この設定で大体月に6,000通貨ちょっとの南アフリカランドを購入できました。

 

なお1ヶ月に1〜2回程、確認と簡単なメンテナンスを行いましたが、それも5分程度で済む作業です。

メンテナンス作業についてはこちらを参照ください

 

 

【現在の設定額】

現在は余裕資金を入金してトルコリラとメキシコペソの買増を行い、積立の設定も以下のように変更しています。

積立通貨

南アフリカランド

積立頻度

毎日

月当たりの積立金額

35,000円

レバレッジ

2倍

月当たりの購入金額

70,000円分

 

積立に必要な資金は相変わらずスワップポイントで賄っています。基本的に入金をするのは余裕資金だけで、スワップポイント獲得のために高金利通貨の購入に充てています。

 

 

【現在の収益状況】

丸2年経過した2019年8月末時点での保有通貨は以下のようになっています。

 

保有数量

トルコリラ

100,000通貨

メキシコペソ

400,000通貨

南アフリカランド

156,648通貨

 

2年間で南アフリカランドを156,648通貨積立てることができました。そして、現在獲得できる1日当たりのスワップポイントは、1,262円です。内訳は以下のようになっています。

 

獲得スワップポイント

トルコリラ

650円

メキシコペソ

440円

南アフリカランド

172円

合計

1,262円

 

ギリギリですが、毎月の積立金額を確保できています。この獲得スワップポイントの中で南アフリカランドから得られる分が、毎週2〜3円ずつ増えていっています。少しずつですが複利の効果を感じるようになってきました。

 

保有通貨とそれに伴い獲得スワップポイントが増えているのは分かっていただけたと思いますが、もう1つ通貨の値動きによる損益も気になるところでしょう。

 

正直に言います!

今は評価損が出ています。それもそれなりに大きい額だと思っています。具体的には以下の通りです。

 

評価損益

トルコリラ

▲505,346円

メキシコペソ

▲16,210円

南アフリカランド

▲117,142円

合計

▲638,698円

 

この評価損益は約90万円の累計獲得スワップポイントを加味したものとなっていますので、値動きだけの評価損は約150万円となっています。

 

これに関しては言い訳はできません。高金利通貨のリスクでもあります。ただし、現時点でレバレッジは3倍以下で抑えられていますので、リスク管理はできている状態です。

 

私は積立FXは継続することが1番重要だと考えています。それなりの金額で運用していることもありますが、これを見て抵抗を感じる方は積立FXはやめておいた方が良いでしょう。

 

また、週次で運用実績を追いかけていまして、毎週ブログ記事にまとめています。よろしければこちらもご覧ください! 

 

【今後について】

今後についてですが、とりあえず2〜3年は同じやり方を継続していく予定です。大体3年で南アフリカランドが400,000通貨くらいになるのではないかと予想しています。

 

そのくらいになってきますと、獲得できるスワップポイントも多くなってきますし、南アフリカランドへ資産が集中してきますので、新しい通貨の積立をしても良いかと考えています。

 

また、積立FXの対象ではありませんが、SBI証券では高金利通貨のブラジルレアルとロシアルーブルが取引できますので、余裕資金を投入した際は保有を検討していきたいです。

 

 

【まとめ】

積立FXに関して2年分の運用実績と経験談を紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。まだまだ額は小さいですが、追加資金が無くとも再投資ができる仕組みができてきたと思っています。

 

最初は毎月の積立額分の入金や、一定のまとまった金額の入金が必要になりますが、仕組みが出来上がってしまえばあとは自動的に再投資され、資産が育っていきます。

 

最後に確証はありませんが、長い目で見た時にほとんど全ての通貨に対して円安が進んでいくと個人的には考えています。経済力を日本より持つ国が現在よりも増えていくと思うからです。

 

そのため、現在の含み損はいつかは解消すると思いますし、遠い将来を考えた際には外貨を持っておくことが必要になるでしょう。

 

 

少しでも参考になれば幸いです。最後までお読みいただきありがとうございます!

 

↓ランキングの応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 副業投資家へ
にほんブログ村


スワップポイントランキング