サラリーマン投資家 目指せ不労所得での生活!

28歳のサラリーマン投資家が最終的には1000万円の不労所得を目指し日々勉強を重ねていきます!

【ミサワホームが上場廃止】トヨタ自動車とミサワホームが株式交換を実施

 

先日、ミサワホームより臨時株主総会招集通知が届きました。内容を確認してみると、どうやらトヨタ自動車とミサワホームが株式交換を実施して、ミサワホームは上場廃止となるようです。

 

この件は2019年5月9日付で発表されていたものの、恥ずかしながら私は先日の臨時株主総会招集通知で初めて気がつきました。そこでこの株式交換が行われるとどうなるかについて調べてみましたので、解説していきたいと思います。

 

 

【これまでの経緯】

元々ミサワホームは、平成17年3月31日にトヨタホームの親会社であるトヨタ自動車と資 本提携契約を結び、資材の共同調達、土地の共同購入・分譲等の共同事業を実施していました。

 

その後更なる連携強化を目的として、平成29年1月5日にトヨタホームが51.00%のミサワホーム株を保有するに至り、連結子会社化されました。

 

そして2019年5月9日に、主にトヨタ自動車とパナソニックの両社が共同出資し、トヨタホーム、ミサワホーム、パナソニックホームズ等を子会社とする街づくりに関する合弁会社を設立することが発表されました。

f:id:investor19:20191108190305j:plain


 

【株式交換とは】

株式交換では一般的に、完全親会社の株式を、定められた交換比率に応じて完全子会社の株主に交付します。

 

そのため株式交換は、完全子会社となる会社の発行済株式のすべてを完全親会社となる会社に取得させる際に使われる手法の一つとされています。

 

今回のミサワホームの場合は、2019年12月30日付で上場廃止となり、トヨタ自動車の連結子会社であるトヨタホームを株式交換完全親会社、ミサワホームを株式交換完全子会社とする株式交換が行われます。

 

ただし今回の株式交換は、いわゆる「三角株式交換」の方法が取られます。ミサワホームの株主は、株式交換の対価としてトヨタホームの普通株式ではなく、トヨタホームの親会社であるトヨタ自動車の普通株式が割り当てられることとなります。

 

つまり、ミサワホームを保有していた株主は、今回で日本企業において時価総額1位のトヨタ自動車株を保有することになるのです!

 

 

【交換比率について】

株価の交換比率についてですが、トヨタ自動車株1:ミサワホーム株0.155の割合で株式交換が実施されます。

 

この交換比率を知った上で、試しに現在の株価(2019年11月7日終値時点)を調べてみたところ、

ミサワホーム株:1,195円

トヨタ自動車株:7,736円

となっており、その比率は0.1545の割合でした。ほぼ株式交換比率と同じ数字です。

 

それもそのはず、株式交換が発表された5月9日にはストップ高となり、ミサワホームの株価が951円(+150円)に急騰しています。そしてそれ以降、交換比率に応じてトヨタ自動車株と同様の動きをし、現在の株価になっている訳です。

 

※参考:ミサワホームのチャート

f:id:investor19:20191108190059j:plain

  

【株式交換後の対応】

株式交換後のミサワホーム株はトヨタ自動車株に換わります。交換比率は1:0.155ですので、仮にミサワホーム100株を保有していたとすると、トヨタ自動車15.5株と交換されます。トヨタ自動車株の売買単位は100株ですので、15株が単元未満株、0.5株が端株になります。

 

単元未満株は、私が活用しているSBI証券等のネット証券を利用すれば普通に売買できますし、単元未満株でも株数に応じて配当金がもらえるので保有し続けるのも一つの方法です。

 

ただし端株に関しては2020年1月6日(予定)のトヨタ自動車の終値で売却されて、投資資金が戻ってきます。

現在のトヨタ自動車の株価が7,736円ですので、株価7,000円×0.5株=3,868円となり、この3,868円が証券口座に入金されます。

 

 

【まとめ】

気がつくのが遅かったですが、ミサワホーム株がトヨタ自動車株と交換になると聞いて驚きました。しかしこの結果に関しては、個人的に歓迎しています。

 

これまで100株で50万〜80万程度のトヨタ自動車株には中々手が出しにくかったのですが、時価総額が日本で断トツの1位であるトヨタ自動車株を単元未満株とはいえ保有できるからです。

 

また、トヨタ自動車は配当利回りでも3%前後と決して悪くはありませんので、今回株式交換で得られる15株に関しては、当面継続保有していきたいと考えています。

 

世の中には上場廃止になってしまう銘柄も存在しますが、全てが倒産する訳では無く、今回のように他の株式と交換になる場合や、株式を買い取ってもらえる場合もあります。

 

そうやって考えると、株式投資をやる上での企業倒産リスクは思ったよりも低いのではないかと感じました。これは人それぞれの感じ方次第ですがまた一つ勉強になって良かったです!

 

↓ランキングの応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 副業投資家へ
にほんブログ村


サラリーマン投資家ランキング