サラリーマン投資家 目指せ不労所得での生活!

28歳のサラリーマン投資家が最終的には1000万円の不労所得を目指し日々勉強を重ねていきます!

【仕組みを解説!】NISAのロールオーバーをすると評価損益はどうなるのか?

 

先日証券会社からNISAのロールオーバーの案内が来ていたので、来年度NISA枠を使ったロールオーバーの手続きをしました。そこで疑問に感じたことを調べましたので、皆さまにも情報共有をしたいと思います。

 

 

【NISAロールオーバーとは?】

まず前提となる知識ですが、NISA(一般NISA)で購入された株式や投資信託の譲渡益、配当金・分配金等は5年間非課税となっています。

 

そして、この5年間の非課税期間が満了してしまう際に、翌年のNISA非課税投資枠へ移すことができます。これをロールオーバーと呼び、さらに5年間非課税で保有することができます。

 

 

【ロールオーバー時の評価損益は?】

さて、この記事の本題になりますが、ロールオーバー時の評価損益についてはどうなるのかを確認してみましょう。

 

結論から申し上げますと、

「ロールオーバーをした場合、非課税期間満了時点の時価が取得価額となり、その分だけ翌年の非課税投資枠を使用する」ことになります。

 

言い方を変えると、ロールオーバーをした場合、新しくNISA口座で株式等を購入したものとして扱われると考えるとわかりやすいかもしれません。

 

「具体例」

パターン①

購入時の取得価額:100万円

ロールオーバー時の評価額:110万円

 

この場合、ロールオーバー時に使用するNISA枠は110万円となり、来年残りの10万円分の枠を使うことができます。

また、購入時から10万円の利益が発生していますが、その10万円の利益は非課税となった上で、取得価額110万円、評価損益±0円で再スタートすることになります。

 

パターン②

購入時の取得価額:100万円

ロールオーバー時の評価額:90万円

 

この場合、ロールオーバーによって90万円の枠を使用し、来年残りの30万円分の枠を使うことができます。

評価損が発生していますので課税は元々されず、取得価額90万円で再スタートすることになります。

 

パターン③

購入時の取得価額:100万円

ロールオーバー時の評価額:150万円

 

最後はロールオーバー時の評価額が120万円を超えてしまった場合です。この場合やや例外ですが、NISA枠の上限120万円を超えていても、全額ロールオーバーすることができます。

つまり、NISA枠は実質的に150万円分使うことができ、取得価額150万円、評価損益±0円で再スタートすることになります。ただし、来年のNISA枠は使い切ってしまうことになります。

 

 

【非課税期間満了時の選択肢】

非課税期間満了時の選択肢は大きく3つあります。まずはその選択肢をかくにんしてみましょう。

 

①ロールオーバーする

まず1つ目の選択肢は、ロールオーバーすることです。先ほど説明したように、ロールオーバー時の時価を取得価額として来年のNISA枠に引き継ぐことができます。

 

②課税口座へ移管する

2つ目の選択肢としては、課税口座に移管してしまうことです。これはロールオーバーの手続きをしなければ、自動的に行なわれます。

移管の際は、NISA口座で買付した際の取得価額ではなく、非課税期間満了時の時価が課税口座における取得価額となり、その後発生する利益に対しては課税が行なわれると認識しておきましょう。

 

③売却してしまう

非課税期間満了前に売却してしまうのも1つの方法です。ただし、どちらにせよこれまでの評価損益はリセットされますので、無理に売却する必要ないと思います。

 

選択肢を3つ挙げましたが、もっと簡単にすると要はロールオーバーを「する」か「しない」かの2択になるでしょう。その判断の仕方が難しいですね。

 

 

【ロールオーバーの判断基準】

そこでロールオーバーの判断基準についてですが、これから値上がりしそうな銘柄はロールオーバーして、そうではない銘柄はロールオーバーしないというのが基本的な考え方になると思っています。

 

後は、ロールオーバー時の評価額が120万円を超えている場合に関しては、ロールオーバーすることでNISA枠が実質的に増えることになりますので、ロールオーバーした方がややお得感があります。

 

しかし、値上がりするかどうかの判断は正直言って難しいのではないでしょうか。そこであくまでも個人的な意見ですが、継続的に保有する銘柄に関しては全てロールオーバーすべきだと考えています。

 

理由としては、来年にNISA枠を残しておいたとしても、それを使い切れるかどうかは来年になってみないとわからないからです。株式の購入タイミングは常に変わっていくでしょう。だからこそ、特に理由が無ければロールオーバーしてしまった方がいいと思ってます。

 

実際に私は今回、2015年に購入した全資産928,400円分をロールオーバーすることとし、2020年のNISA投資可能枠は271,600円となる予定です。

 

 

【ロールオーバーの注意点】

ロールオーバー手続きを行なう際の注意点が主に2つあります。

 

1つ目は、同一の証券会社に開設するNISA口座内でのロールオーバーであることです。NISA口座は他の証券会社に移管することもできますが、ロールオーバーは同一の証券会社においてしかできないので注意しましょう。

 

そしてもう一つは手続きの期限です。これは調べてみたところ、どうやら証券会社によって異なるようです。例えば、私が使用しているSBI証券と楽天証券を比較してみました。

 

※ロールオーバー手続きの期限

 

SBI証券

楽天証券

WEB手続き

 

12/8(日)

12/23(月)

郵送手続き

12/4(水)

12/12(木)

 

このように同じネット証券でも期限が異なりますので、自身の使用している証券会社の手続き期限がいつまでなのかは、予め確認しておくようにしましょう。

 

 

【まとめ】

昨年から始まったNISAのロールオーバーですが、初年度であった昨年はよくわからないままにロールオーバー手続きをしてしまった節が正直ありました。

 

しかし、調べてみると細かいルールまで知ることができて、それによってケースによって判断が変わることもあると感じました。そこで今回の記事を書いてみたのですが、これからロールオーバー手続きを行なう方に少しでもお役に立てれば幸いです。

 

折角の非課税制度ですから、上手く活用して最大限の利益をあげましょう!!

 

↓実際に私がSBI証券でロールオーバー手続きをしたやり方はこちら

 

↓ランキングの応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 副業投資家へ
にほんブログ村


サラリーマン投資家ランキング