サラリーマン投資家 目指せ不労所得での生活!

28歳のサラリーマン投資家が最終的には1000万円の不労所得を目指し日々勉強を重ねていきます!

【お金を稼ぎたい人必見!】必要資源の掛け算が稼ぐ力になる

 

「稼ぐ力」 多くの方が欲しいと願う力ではないでしょうか。一朝一夕で手に入るものではありませんが、どのようにすれば稼ぐ力を伸ばしていけるのか、私なりの考え方をお伝えしたいと思います。

 

ただし、ここでは概念的な考え方を紹介するだけで、具体的な手法についてではありませんのでご了承ください。

 

【お金を稼ぐ必要資源とは】

「何もなくてもお金が生まれる」なんてことはありません。必ずお金を生み出す何かが存在します。私はこれを「お金を稼ぐ資源」と呼ぶことにしています。

 

では、その「お金を稼ぐ資源」にはどのようなものがあるのかについてですが、大きく分けると以下の5つがあると考えています。

①人

②モノ

③金

④情報

⑤時間

 

どこかで聞いたことがあるような言葉ばかりですね。基本的には経営資源と呼ばれるものと変わりません。

 

しかし、1つ加えたのは「時間」です。これはどんな人にも平等に与えられた資源です。そしてお金を稼ぐには必ず「時間」は必要になってきます。その「時間」をどのように使うかが稼ぐ力の差になると考えています。

 

ここからは各資源がどのようにお金を稼ぐのか、具体例を交えつつ解説していきたいと思います。

 

【人】

まずは1つ目の資源である人です。これは自分も他人も含めて「人」として考えています。

 

人という資源を使ってお金を稼ぐ方法としては、1番身近な「労働」があります。この場合「人」×「時間」が基本的な稼ぐ力になると考えられます。

 

この視点において、稼ぐ力を増やすには、「人」の部分か「時間」の部分を増やす必要があります。「時間」を増やすのは簡単で、働く時間を延ばせばいいのです。しかし時間は有限です。

 

そうであるならば「人」の部分を増やす必要があります。その方法はいくつかありますが、例えば自身の能力・スキルを高めることです。給料が上がれば同じ時間でも多くのお金を稼ぐことができます。

 

 

【モノ】

2つ目の資源はモノです。モノだけでお金を稼ぐのはやや想像しづらいですが、例えば賃貸収入などが例として挙げられます。

 

不動産である土地や建物を人に貸すことによって収入が得られます。この場合「モノ」×「時間」が稼ぐ力になると考えることができます。

 

細かく言えばメンテナンスや、借主の募集等も必要になりますが、基本的には保有する不動産の数と貸している期間に収入が比例します。

 

 

【金】

3つ目の資源は金です。1番わかりやすいのは金融資産に投資をすることです。

 

例えば株式に投資をすれば、多くの銘柄において毎年配当金を受け取ることができます。この場合「金」×「時間」が稼ぐ力となります。

 

 

【情報】

4つ目の資源は情報です。例えば、私が今書いているブログやYouTube動画などがこれに当たると考えます。

 

発信内容の質と発信量に収入が比例すると考えると、「情報」×「時間」が稼ぐ力になると言えるでしょう。

 

 

【組み合わせは様々】

ここまで例をあげながら解説してきましたが、このお金を稼ぐための資源は複数組み合わせることが可能です。

 

例えば、自分自身で会社を立ち上げて経営者になったとします。その場合、全ての資源が関係してきます。

 

代表的なものは以下のようなものでしょう。

人 :自分のスキル、他人を雇用

モノ:土地、建物、必要機材など

金 :元手、運転資金

情報:経営判断に必要な各種情報

 

そして時間はどんな時も必ず必要となります。この場合の稼ぐ力は、

「人」×「モノ」×「金」×「情報」×「時間」

と考えることができます。

 

稼ぐ力は必要資源の掛け算であると考えていますので、より多くの資源が関係することで、レバレッジは大きくなります。

 

【まとめ】

稼ぐ力を伸ばすためには、必要資源である「人」「モノ」「金」「情報」「時間」を使って「何をするか」を考えることと、投入する必要資源を「増やすこと」を考える必要があります。

 

例えば、私の場合は資産運用をしていますので、「金」を使って稼ごうとしていて、かつ「金」資源つまり投資の元手を増やそうとしています。それと同時にサラリーマンでもありますので、「人」資源によって稼ぐこともしているわけです。

 

選択肢は無数にありますので、自分で考えて行動するしかありません。ただ、今回紹介した視点を持てば、漠然と稼ぎたいなと考えるよりはより具体的な手法が見つかりやすいのではないかと思います。

 

↓ランキングの応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 副業投資家へ
にほんブログ村


サラリーマン投資家ランキング